• 波動バランス療法とは
  • 絶不調
  • 腰痛・頚椎症・全身の痛み
  • 妊婦の整体 妊娠トラブル
  • 不妊
  • 子供の整体
  • 実体験
  • 料金表
身体の不調を「整えて治す!」
この療法の主眼は整えることです。
神経、筋肉、骨格などの不正は主に痛みとして体表に現れ、
内臓の機能異常は痛みやだるさなど反射として全身性に表現されます。
それらは決して別々な事ではなく相互の関係は密接なつながりを持つと考えます。
肩の痛み、腰の痛みなど症状を追いかけ、肩や腰に集中砲火する。
一時的に痛みは消えたようでも、どこか身体に不安を残してしまいす。
体の痛みの発生は部分でなく全身性と捉えるこの療法は、
病んだ体をとことん「整える!」という治療の原点に立ち返った療法です。
波動バランス療法
この療法はツボ刺激の方法を最も大切にしています。 ツボの刺激には術者の繊細さが必要で、一つのツボに対して 優しくふれ、方向を確かめ、静かにツボの呼吸(波動)を感じ、 数秒間そのまま左右が同調するまで待ち続けます。 一般的なグイグイと力任せに押えるのではなく、リキまず、 刺激が身体内部に素直に働きかけるのを待ちます。 リキみが入ると返って自律神経に乱れをつくり、治療本来の目的から外れてしまい、 直すことを放棄した慰安の療法と同じになってしまうからです。 そして、いちばん大切な事はツボの呼吸(波動)を感じる事、 すなわちそれがこの療法の究極的なところです。 指先でツボの波動と、刺激の強弱、方向などに注意を払いツボとの同調を図り、 病弱な身体を癒す。この療法を波動バランス療法となずける由縁です。